ホーム > Memo > nasne が壊れた時の対処方法

nasne が壊れた時の対処方法

2016 年 8 月 6 日 (最終更新日: 2016 年 8 月 5 日) コメントをどうぞ コメント

愛用しているnasne
3つのLEDランプが点滅状態になり起動しなくなり、ダメ元でHDDを取り出して修復作業をしてみました。


まず側面のネジを4つ外します。


ネジの反対側のカバーを取り、基盤中央部分のツメに気をつけて基盤を取り出します。
基盤の裏側にあるHDDを固定してあるネジを取ればHDD取り出し可能になります。
手持ちのUSB SATAを使用してPCに接続。

HDDはLinuxが使用するext3, xfsフォーマットのようなので、とりあえずWindows用ソフトDiskInternals Linux Readerというソフトで開いてみました。

ext3のパーティションは開けましたが、一番容量の大きいxfsのパーティションは開けず…
HDDは死んでなさそうなのでxfsファイルシステムの修復をしてみました。

UbuntuのブータブルUSBを作成し、Ubuntuを起動、HDDを接続。

sudo apt-get install xfsprogs
sudo xfs_repair -L /dev/sdb3

でファイルシステムが修復し、無事nasneが動作するようになりました。

今回はたまたまxfsのファイルシステムを修復したら起動するようになりましたが、物理的にHDDが故障していたら修理に出した方が良いですね。

 

アフターサービスお申込みの手順 – nasne (ナスネ)™サポート








カテゴリー: Memo
LINEで送る
Pocket

 

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。