ホーム > Web > スターサーバープラスで PHPの『file_get_contents』を使う方法

スターサーバープラスで PHPの『file_get_contents』を使う方法

2013 年 6 月 22 日 (最終更新日: 2013 年 6 月 21 日) コメントをどうぞ コメント

スタードメインでドメインを取得すると、おまけでスターサーバー(10GB/MySQL,PHP使用不可)またはスターサーバープラス(3GB/MySQL,PHP使用可能)が使用可能になります。

スターサーバープラスで、PHPのテストをしていたら期待通りの動作をせず。
原因を調査していたらどうやらfile_get_contentsがうまく動作していないようでした。

そこでメーカーに問い合わせてみました。

お問い合わせいただきありがとうございます。

スターサーバープラスではセキュリティの関係上、
allow_url_fopenなどを用いた「外部ファイルの読み込み」を
禁止しております。

そのため、「file_get_contents」を利用しての外部からのデータ取得も
かないません。

お客様のご希望に添えず申し訳ございませんが、
何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

 
結論:スターサーバープラスでは「file_get_contents」は使用不可

対策:curlを使用する
 

サンプル:
$response = file_get_contents(“http://nsdev.jp”);

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

$ch = curl_init();
curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, “http://nsdev.jp”);
$response = curl_exec($ch);
curl_close($ch);

 

コードが少々多くなりますが、curlで外部サイトのデータが取得可能です。








カテゴリー: Web
LINEで送る
Pocket